So-net無料ブログ作成
検索選択

NHKラジオ詩の講座のこと [告知]

 NHKラジオ講座「詩のトビラ ひらけごま! ~「ポケット詩集」を読む」が始まりました。
 7月6日、第1回目の内容は「詩のトビラをあける」としました。
 講座の放送日時は、以下のとおりです。

NHKラジオ第2放送 9/28まで・毎金曜 20:30~21:00
(再放送 9/29まで・毎土曜 10:00~10:30)

 NHKからの依頼は、NHK文化センターの青山教室で、現代詩の入門講座を5回行い、30分・計13回のラジオ放送に編集して、ガイドブック(テキスト)を一冊書くというものでした。

 講座では、10人の受講生を前にお話しするのですが、ラジオのディレクター氏がイヤホンを耳にあてて、真剣な顔で音をチェックしたり、時計を気にする様子が見えて、とても緊張しました。でも、スタジオでひとりマイクに向かうのとはちがって、受講生と目が合ったり、うなずいてくれるのを見て話をするのは、嬉しいものでした。

 ガイドブックは、NHK出版より、放送日の10日前に出版されました。定価950円です。「詩歌を楽しむ」シリーズのうちの一冊になります。

 このガイドブックの目次は、各回の内容を編集者の佐野さんがうまくまとめてくれて、ここを読んでいると、本文を読みたくなります(自画自賛ではなく、ほんとうです)。冒頭目次からチャーミングな本に仕上がりました。
 13日放送・第2回のタイトルは「「雨ニモマケズ」が「ポケット」に」です。
「著者が自分を発見するきっかけとなり、劇的な出会いに導いてくれたという「雨ニモマケズ」(宮沢賢治)、軟らかい表現、優しい叙情性豊かな作品―「詩は たぶん」「地下水」(川崎洋・作)を紹介します」。

 いま全国の書店では、このガイドブックを「ポケット詩集」と並べて置いてもらっています。
 中でも、NHK放送センターのすぐそばにある、ジュンク堂書店渋谷店(東急本店7階)では、NHK関連コーナーで大きく展開中です。
 広いスペースで、ガイドブックや「ポケット詩集」(全3巻)のほか、谷川俊太郎さんや茨木のり子さんなど、ぼくが編集した詩文庫の約50点が、すべて陳列されています。ぜひごらんください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。