So-net無料ブログ作成

すごいぞ、今年の谷川俊太郎さん [日記]

今年の谷川さんは、新年早々から大当たり・千客万来!
5月までに新刊が12冊。流行作家もびっくりです。

1月---
 詞華集『ぼくは ぼく』(童話屋)
 詩集『自選 谷川俊太郎詩集』(岩波文庫)
 『写真』(晶文社)
 『散文』(晶文社)
2月---
 『すてきな曲芸師アンジェロ』(訳絵本、好学社)
 『おおきなひとみ』(芸術新聞社)
 『歌に恋して』(音楽之友社)
3月---
 『みならい騎士とブーツどろぼう』(訳絵本、好学社)
 『つなひき』(訳絵本、BL出版)
 『混声合唱とピアノのための 組曲 いのち』(音楽之友社)
4月---
 『せんはうたう』(ゆめある舎)
5月---
 詩集『ミライノコドモ』(岩波書店)

とくに1月に出た『自選 谷川俊太郎詩集』(岩波文庫)は、初版はたちまち売れて、
矢継ぎ早に2・3・4・5・6・7刷とつづき、5月までに計5万冊!とのこと。
この調子だとまちがいなく年内10万冊のベストセラーです。

それもそのはず、岩波文庫といえば従来、古典となった作者が取り上げられるもの。
これまで日本の詩人でいえば、三好達治さんまででした。
谷川さんは初めて同時代の詩人として殿堂入りしたわけです。

同じ1月に出た童話屋の『ぼくは ぼく』だって、負けてはいません。
重版も迎えることができました。
部数でいうと岩波文庫とは、横綱と十両の差ですが…。

---
ぼくは、谷川さんと、自選詩集の解説を書いた山田馨さんの対談会を、都内で3つ企画しました。
さる3月は銀座の教文館ナルニア国、4月はジュンク堂書店の吉祥寺店、
5月は新宿の紀伊國屋サザンシアターで。
テーマは「詩を書くこと・詩を選ぶこと」、各回ともお二人の白熱漫談。
詩の深い話も、別れたヨメサンの話もあり、賑わって大好評でした。
ご来場くださった方々にお礼申し上げます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。