So-net無料ブログ作成

新刊「宮沢賢治の心を読む(Ⅰ)」 [出版]

 “草山万兎(くさやま まと)”さんは、河合雅雄さんのペンネームです。河合さんといえば、サル学の世界的権威です。モンキー博士と呼ばれ、サル語にも通じています。若いころから宮沢賢治を愛し、いつか子どもたちに、やや難解な賢治童話のほんとうのメッセージを解き明かしたい、と願っていました。
 そこで、生きもの語に通じる賢治の世界に分け入って、難渋しながらも、ついに賢治童話のナゾの扉を開けることに成功しました。これは一巻目で、
  雪渡り
  なめとこ山の熊
  注文の多い料理店
  セロ弾きのゴーシュ
の四作品を解釈しています(原文併記です)。

 二巻目は来年春に刊行予定です。
 宮沢賢治の深いメッセージをどうぞ存分にお楽しみください。


宮沢賢治の心を読む〈1〉

宮沢賢治の心を読む〈1〉

  • 作者: 草山 万兎
  • 出版社/メーカー: 童話屋
  • 発売日: 2011/10
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

新刊絵本「夜まわりクマのアーサー」 [絵本]

テレビ朝日「世界が愛した絵本」コーナーにて、「夜まわりクマのアーサー」が紹介されます。10月1日(土)20:51~20:54 テレビ朝日系列・全国ネットです。

アーサーはぬいぐるみのクマですが、象10頭分の力持ちで、空手も黒帯の達人。夜、子どもの夢に出てくる恐いおばけをやっつけます。そのアーサーが迷い子になって、女の子のベラは大騒ぎ。子どもが成長するエピソードが生き生きと描かれています。


夜まわりクマのアーサー

夜まわりクマのアーサー

  • 作者: ジェシカ メザーブ
  • 出版社/メーカー: 童話屋
  • 発売日: 2011/07
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。