So-net無料ブログ作成

歩きはじめた童話屋の『リンカーン』 [季節のおすすめ]

いま、スピルバーグ監督の映画「リンカーン」が人気です。主演のダニエル・デイ=ルイスは、顔も背丈もリンカーンそっくり。表情や、やさしいまなざし、大きな手、仕草まで、まるでリンカーンが生きて演技しているみたいです。
スクリーンを見ているだけで、リンカーンその人に出会ったようで、じわーと涙がでてきました。
戦争の場面よりも、奴隷解放のための憲法修正案をめぐる議会での駆け引きには、手に汗を握ります。

さて映画の公開後、童話屋の偉人シリーズ「この人を見よ」の第1巻『エイブ・リンカーン』の、注文が連日来るようになりました。
この書籍の作者は、吉野源三郎さん。往年の名著『君たちはどう生きるか』の著者です。
そして挿絵は、あの向井潤吉さんという豪華さです。

(ちなみに「この人を見よ」シリーズで取り上げられた偉人は他に、二宮金次郎、赤十字社の父であるアンリ・デュナン、マリ・キュリー、『アンクルトムの小屋』作者のストー夫人。武将やスポーツ選手は入っていません)

『リンカーン』は、吉野さんの優れた文章が臨場感にあふれ、たいへん読み応えがあります。
少年少女向けとして編まれた本書ですが、世代を問わずご家族みなさんで味わっていただけると思います。



エイブ・リンカーン (この人を見よ)

エイブ・リンカーン (この人を見よ)

  • 作者: 吉野 源三郎
  • 出版社/メーカー: 童話屋
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 新書



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。