So-net無料ブログ作成
検索選択

新刊絵本「夜まわりクマのアーサー」 [絵本]

テレビ朝日「世界が愛した絵本コーナーにて、「夜まわりクマのアーサー」が紹介されます。10月1日(土)20:51~20:54 テレビ朝日系列・全国ネットです。

アーサーはぬいぐるみのクマですが、象10頭分の力持ちで、空手も黒帯の達人。夜、子どもの夢に出てくる恐いおばけをやっつけます。そのアーサーが迷い子になって、女の子のベラは大騒ぎ。子どもが成長するエピソードが生き生きと描かれています。


夜まわりクマのアーサー

夜まわりクマのアーサー

  • 作者: ジェシカ メザーブ
  • 出版社/メーカー: 童話屋
  • 発売日: 2011/07
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

くものがっこう [絵本]

もうすぐ発売される絵本「くものがっこう」をちょっぴりごらんにいれます。

「たかいたかい そらのうえに くものおうちが ありました。 そこでは くものあかちゃんが
もくもくと うまれてくるのでした。」と みらいななさんが話し始めると、幼い子どもたちは「雲にも赤ちゃんがいるの?」とか「赤ちゃんは女の子?」「いや男の子だよ」なんて大さわぎになりました。
08102201.jpg

雲の子どもたちは 大きくなると雲の学校へ行きます。
そして、曇り空ができるようになったら、卒業です。
08102202.jpg

ところが雲の子どもたちはジグソーパズルのようになって電車飛行機になったり、
08102203.jpg

鯨や白熊や象になったりでなかなか曇り空になれません。
08102205.jpg

そこで先生が「みんな、体を寄せて、手をつないで!」というと、あら、ほんと、立派な曇り空ができました。
08102206.jpg

「合格!卒業です」と言われて、雲の子どもたちが喜んで拍手をすると、曇り空がこわれて、そのすき間から、夕陽がさしこんで、子どもたちもきらきら光りました。 そのあと、雲の子どもたちはどうなったでしょう。
08102207.jpg

みんなてんでに、自分の好きな色になったのでした。そのきれいなこと!
08102208.jpg

 絵本の作者は、葉っぱのフレディの訳者みらいななさん。絵は「こぶたはなこさんの絵本」のいけずみひろこさんです。みらいななさんが幼い子どもたちにお話したり、絵本読みをしている現場から生まれた絵本です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ガンピーさんのふなあそび [絵本]

 保育園や幼稚園の先生たちに、絵本にひそんでいる深いメッセージの話をすると、きまって「子どもたちにどう読んだらいいのか」という質問がくる。ぼくの答えは一つしかない。「お母さんが、わが子に読むように」である。そう答えると、みんなほっとした顔になる。
 たくさんの子どもたちを前にして、絵本の読み聞かせをする先生たちの心配が目に浮かぶ。先生たちは、子どもがちゃんと聞いてくれるだろうかと不安になり、子どもの関心をひきつけるために、子どもに人気の本を選んだり、手ぶりや身ぶりまで入れたり、あるいは、プロのひとのまねをしたり、と涙ぐましい努力をしている。
 子どもは、そんな大人の心配や親切ごかしは、望んでいない。子どもがほしいのはほんとうに面白い絵本である。では本当に面白い絵本なるものが、はたしてあるのだろうか。然り。あるのです。すくなくとも100冊はある。そのうちの一冊をご紹介しよう。

「ガンピーさんのふなあそび」(ほるぷ出版)
ジョン・バーニンガム作 みつよしなつや訳

 ガンピーさんは中年のおじさんで小舟を一そう持っている。舟をこぎだすと子どもやたくさんの動物たちがのりこんでくる。舟にのったら、さわいだり、けんかはしない、と約束するのだがみんなは大さわぎして舟はひっくり返る。さあどうなる?

 読んでもらっている子どもは、ここでしーんとなる。こどもは失敗したとき、大人がどう出るかを体験的に知っている。「なんであんなにさわいだのだ!(もうのせてやらないぞ)」という怒声が聞こえるのだ。

 ページをめくると、みんなは川から岸に上がってぬれた身体を乾かしているし、ガンピーさんはのんきに舟を引っぱりあげているだけ。そのあとみんなでガンピーさんの家に行ってお茶をごちそうになる。読んでもらっている子どもは、ニコニコする。
 舟がひっくり返ったとき、ガンピーさんがまっさきにしたことは、子どもを岸に上げることだった。つまり、ガンピーさんという大人は、川に落ちた子どもの命を大事と考え、岸にあげ、風邪を引かぬよう身体を乾かすことを命じたのだ。ガミガミ言う前に大事なことがある。それは子どもの側に立つことだ。つねに子どもを守る側に立っていると、何が起っても穏やかな顔でいられる。だからガンピーさんも和やかな顔をしている。あとになってガンピーさんは子どもたちを叱ったかもしれない。しかしそれは、ずっとずっとあとになってからのことだろう。
 長くなるのでこれで止めるが、この絵本のなかには「ほんとうは、約束は誰としたのか」など、たくさん大事なメッセージがあり、一冊の哲学書にも比肩する。「なーんだ、子どもが失敗しても腹が立たないなんてオカシイや」と思う人は、大人として遅れている人だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。